<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はるちゃんの歌Ⅴ・Ⅵ その4

前回は、一度UPしてたくさんの方に読んでいただいたものを、さらに追記して再度編集し直したり、2記事だったものを3記事にしたりと、かなりカッコ悪い更新をしていしまいました(本当に申し訳ありません!)。「はるちゃんの歌」の最終話をUpしてから半年以上が経っているため、若干の記憶違いがあったというか…どのエピソードが何話目とか、把握しているつもりでも実際はそうでもなくて…いや、大体は把握してはいるんですけど…あ~、やっぱり頭の中だけでやろうとしちゃだめですね。今後気をつけます。
で…前記事と内容が前後してしまいますが、「はるちゃんの歌Ⅴ」エピソードについて、今回、もう一度ちょこっとだけ解説させていただこうかと思っています。よろしくお願いします。

「はるちゃんの歌Ⅴ」冒頭・ひよこと女の子のやりとりについて

b0040296_10594782.jpgひよこたちが女の子の“辰二郎への想い”を見抜いて、からかい半分で童謡「船頭さん」を歌うシーン。「今年六十のおじいさん」…この歌詞の“おじいさん”だけを繰り返して歌うというw
あれは、実は私が実際に父親にやったことからきています。正確に言いますと、父(7年前に他界しました)が60歳の誕生日を迎えたちょうどその頃、ワタクシたまたまあるテレビドラマで主人公がこの歌を歌いながら船を漕いでいるシーンを観まして、「これは使える!」ということで(笑)、父・母・姉とその子供たち・そして私で某所に車で遊びに行く際、運転している父親に向かって、ちょっとおどけて私が歌い出し、それに姉が乗っかって、二人で「今年六十のおじいさん…おじいさん…おじいさん」と延々歌い続けたという事実に基づいて作ったものです。お父さん、その当時六十を迎えたことを結構気にしてましたからね。最低な娘ですw …でも父本人も、「なにバカなことを…」みたいなことは言いながら笑ってました。まぁ父の笑いのセンスはもう尋常じゃないのでw、そういう笑いにも寛大だったみたいです。
父は私と違って、輪の中心になるタイプの話し上手な人でした。それでも外ではどちらかというと「堅物」「真面目」のイメージだったかと。でも家では、絶妙な?ギャグセンスで私たち家族をいつも笑わせてくれました。時にはつまらなすぎて大笑いなんてこともw

b0040296_2058851.jpg晩年は脳梗塞による重度の後遺症で手足を動かすことも話すことも全くできなくなってしまいましたが、そんな状態でも、“目”の表情や首の動きなど、使える力を振り絞って、介護する私を、兄を、何度も笑わせてくれました。そこまでくると、私たちもただ笑うというより、笑い+感動の涙で顔がビショ濡れでしたけどね。それはそれはもう、幸せを実感する瞬間で、幸せすぎてまるで夢の中にいるみたいだった……父の状態では“奇跡”ともいえるそんな瞬間が、8年間の闘病生活に本当に数え切れないほどありました。介護の内容は“壮絶”という言葉がしっくり来るほど大変なものだったことは確かですが、私たちがそれを過酷と感じたことが一度も無かったのは(私たち介護する側が作業そのものをつらいとか過酷と感じたことは一度も無かったという意味です)、そんな、メチャクチャ明るい・メチャクチャ優しい・メチャクチャかっこいい父のお蔭だったと、心の底から思います。私たちも父に笑ってもらおうと、家族の思い出とか知り合いとか、身近な話題のネタをいろいろ……これって父の後遺症の状況を知っている方たちにはなかなか信じてもらえないのですが、本当に笑いの絶えない日々を送ってましたねあの時私たちは045.gif

…若干話が逸れちゃってごめんなさい。もうすぐ父の命日ということもあって…まぁ…少々大目にみていただけると嬉しいです。

次回は、「はるちゃんの歌Ⅵ」の内容について。ではまた001.gif
[PR]
by ura-rumba | 2013-07-24 21:02 | ビックリッコ

はるちゃんの歌Ⅴ・Ⅵ その3

今回は、「はるちゃんの歌Ⅵ」の冒頭に出てくる「おもち星人アージン」について。
あ~あんまり興味ないですか。それはそれはどうもすんずれぃすぃましたww。
では簡単に説明させていただきやす。

b0040296_1831670.jpg「はるちゃん…Ⅵ」に登場する「おもち星人アージン」は私caicoの赤ちゃん時代の写真をモチーフに作ったキャラクターです。もともとは、私が自分のこの赤ちゃん時代の写真を見ながら若干自虐気味?に作った歌からきています。(「はるちゃんの歌」の中にも少し出てきた、あの歌です)
実はメロディーもちゃんとあります。家で年中歌っているので、最近ではウチの母親から「アージン」と呼ばれるまでにw
ちなみに、アージンのアーは、私の本名「akiko」のアからきています。ジンは星人のジン。ケムール人のジンと一緒です。アージンが番組内で言うセリフ「惑星アーから追放されたのだ」は、70年代の特撮ヒーローもの「スペクトルマン」エンディング曲・「宇宙猿人ゴリなのだ」の歌詞♪惑星E(イー)から追放された~♪からきていますw
(当時観た記憶は殆ど無いですよ。再放送派です・笑)

では最後に、「おもち星人アージン」の正しい歌詞をご紹介して……ああ、そんなもの知りたくないのは分かっていますがw 自分の中の“載せたい願望”がどうしても抑えられないので(笑)ちょっと我慢していただいて。(ちなみに「はるちゃんの歌」に出てきた歌詞はオリジナルから一部変更省略されたもの……ちっ、なーにがオリジナルだ、ぼけぇ。←自分へのつっこみ)



おもち星人アージン by caico

アージン アージン おもちの星からやってきた

アージン アージン ほっぺもおもちでできている

アージン アージン ほっぺに焼き色ついてるよ

アージン アージン これでも優しい女の子

アージン アージン 気がいい感じで力持ち

アージン アージン 乗り出す瞳は輝くよ

アージン アージン ホントの孤独を知っている

アージン アージン アージン アージン……070.gif



…おそまつさまでした。
次回は引き続きⅥの内容について。それでは012.gif
[PR]
by ura-rumba | 2013-07-16 09:29 | ビックリッコ

はるちゃんの歌Ⅴ・Ⅵ その2

b0040296_1882747.jpg前回は、ビックリッコ大集合「はるちゃんの歌Ⅴ(Ⅵ)」に使用した食玩や画像関連の裏話が中心でしたが、今回はポイントをⅤの内容に絞って、詳しく触れていきたいと思います。

「はるちゃんの歌Ⅴ」では、女の子がひよこの力を借りてはるちゃんの心の中に入り、はるちゃん親子の驚愕の事実を知り、さらにはるちゃんの憎悪に満ち溢れた“感情の渦”に触れたことで、日頃母親との仲が今ひとつだった女の子の心の中に“共感”のようなものが生まれ、はるちゃんを今まで以上に気にするようになっていきます。

心の中に入る=心の中を読むこと(読まれること)は、実は私にとってかなり恐怖です。読まれたくないし読みたくも無い。基本的には心が読める人なんているわけないと思っていますけどね。でも、万が一、いたら嫌だなぁと。人に知られたくないような変なこと考えてるから?ええ、そうですよw だってそうでしょ?そりゃそうだもん。つまり、人に心が読まれたら嫌だという恐怖心を持っているからこそ、心が読める話とか、逆に作りたくなってしま……

いや、ちょっと待って。違う違う違う。あの時そんな深い意味なんて考えてなかったって。

正直に言います。心を読めるエピソードって、実は手っ取り早いのです。要は、表現力の無さ故のサボり手段。だって、“真実”に行きつくための過程を一気に飛び越せちゃうわけですから。いや、世の中の全ての「心が読めるエピソード」がそういうことだとか言っているわけでは決してありません。あくまで、私が、ですので045.gif

では次に「はるちゃんの歌Ⅴ」で最重要モチーフともいえる「失恋レストラン」がらみのエピソードについて少し。

b0040296_180245.jpg
はるちゃんのお父さんが歌う「失恋レストラン」は76~77年のヒット曲ですが、私は世代的に「80年代」というものに特別な思い入れがあるので、70年代はほぼ蔑ろ状態で、完全に80年代寄りで描かせていただきました。ちびっ子で記憶が曖昧な70年代よりは青春ど真ん中の80年代の方がそりゃやっぱり得意というかね。で、「80年代始めにはるちゃんは小学生(4~6年)」という設定にして、「失恋レストラン」エピソードを考えることに。

(はるちゃんは私より若干年下…)(おっと、こんなところで何わざわざ実年齢バラしてんだ私は)(つか、とっくの昔にバレバレだし)(バレたって別にどーってことねーし)(なんなら生年月日だって発表したっていーし)(みなさーん私はセンキュウヒャク…)(…そんなん誰も聞きたくねーし)(ちぇっ)(あーあ誰かロト7・1等当たり券くれないかなー)(…飯尾かっ!)(…思うままに打ってたら訳わからんことになりましたごめんなさいここでやめます。)
(「はるちゃん…V」冒頭の、女の子とひよこたちのやりとりもこんな感じ↑に頭に浮かんだものをどんどん打鍵していったもの。ただただひよこが腹立つ、Vの中で最もふざけたシーン。…実はああいうシーンを考えるのが一番楽しかったり037.gif

b0040296_1815323.jpg「8時だよ!全員集合」そして、「おれたちひょうきん族」。考えに考えた末、選んだモチーフがこの2つ。私自身どちらからも多大な影響を受けましたので。どちらかというと「ひょうきん族」よりかな。当時からビートたけしファンですからね。オールナイトニッポンも聴いてたし(ただ、殆ど理解はしてなかったかもしれませんがw)。次の日学校なのに3時まで起きてテープに録音……やばい、話が逸れてきた。それについてはまた別の機会に。

80年代初め、空前の漫才ブームの中、新旧のお笑いが凄まじい勢いでぶつかり合ってたあの時代の雰囲気を少しでも出せたらなと思いながら作ってみたんですけどね。ただ…ん~…正直、自分の中では不完全燃焼な感じではあります。…もう年なんすかねぇ。ピシーッとしたヤツが今ひとつきまらなくてね。当時の記憶が若干薄らいできたというのもあるんですよね~ここ数年で。しかしひょうきん族でまずナーナーナーが浮かぶってどうな……あーあ、もう脳トレとかやんなきゃだめかなぁ、あはは…… 

…ごほんっ、えー、次回は「はるちゃんの歌Ⅵ」の内容について。それではまた006.gif
[PR]
by ura-rumba | 2013-07-15 18:26 | ビックリッコ

はるちゃんの歌Ⅴ・Ⅵ その1

b0040296_1731745.jpgさて、今回はまず「はるちゃんの歌Ⅴ(Ⅵ)」で使用した「バンダイ ぼくらの大運動会 騎馬戦編」という食玩について触れていこうかと思います。この食玩との出会いがあったからこそ、この回のストーリーの方向性が定まったといっても過言ではないので。

この回を作る前にあらかじめ決めていたことは、はるちゃん親子の秘密を明かすこと。はるちゃんの?な行動が、実は父親のせいであったということを具体的に明らかにしていくことでした。“親の軽はずみな行動が、子供に深く影響を与えてしまうこともある”…そんなテーマみたいなものを念頭に置きながら、エピソードを考えていきました。

ただ、このエピソードがなかなか形にならない。

ギターを弾きながら「失恋レストラン」を歌う父親。それを何よりもカッコイイと感じ喜ぶ息子。それは初期段階から漠然とは浮かんでいたわけですが、それを具体的にどう表現するのか、その先をどう展開させるのか、はっきりとした形ではなかなか浮かんでこなくて。
b0040296_17474249.jpg
そこで、とりあえず考えることをやめて、子供時代のはるちゃんにどうかと思っていたこの食玩のフィギュアをいろんな角度から眺めたり、それこそ人形遊びのように動かしたりしながらイメージを膨らます、というかまぁ、遊んでみたわけです。

で、その中で浮かんできたのが、父親の曲に合わせて、ちょっと阿波踊りのような動作でおどけながら踊り出すお調子者の息子の姿。そのシーンをきっかけに、次から次へと様々なシーンが浮かんできました。シーンが浮かぶたびに、とにかくすぐ画像作り。で、自分の中のイメージをどんどん固めていって、それから各シーンがつながるようにストーリーを作っていった感じです。


では次に、ちょっと(いや、かなり)不気味なw子供時代のはるちゃんの画像について少し。b0040296_17314057.jpg
子供時代のはるちゃんは、食玩のフィギュアを写真に撮り、ペイント系ソフトで肉付けしたあと、画像ソフトを使って油絵風に変換させ、目や鼻・口など、細かいところを描き加えたり修正したりしながら仕上げていきました。実は、あまりにも不気味すぎる仕上がりに正直ボツにしようかと(笑)
特に、小学校高学年のはるちゃんの仕上がりは自分でも背筋が寒くなるほどでしたし。でも、こんな不気味な絵なかなかそうはできない、ってことで、思い切って使うことにしました。ギリギリまで迷いましたけどね。

そして、その画像の不気味さから浮かんだセリフが「死にさらせ、このクソおやじ」。
はるちゃんがここまで言うほど、父親に対し深い憎しみを抱えている…。
このセリフをきっかけに、自分の中のはるちゃんのイメージがさらに具体的になった気がします。

…次回は、「はるちゃんの歌Ⅴ」の内容に触れていきたいと思います。
[PR]
by ura-rumba | 2013-07-15 18:22 | ビックリッコ

チープコレクションサイト・100円ルンバのネタ裏話、訳あってボツにしたグッズ・他


by ura-rumba
プロフィールを見る
画像一覧