チープコレクションサイト・100円ルンバのネタ裏話、訳あってボツにしたグッズ・他


by ura-rumba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

はるちゃんの歌 最終章 その3

さて、前回に引き続き、ビックリッコ大集合「はるちゃんの歌」最終章解説を。
今回も「はるちゃんの歌Ⅸ」から登場した珍キャラクターついて
ご説明させていただきたいと思いますよろしくお願いします。


実力派音楽集団「モンキーミュージック」。

「はるちゃんの歌」は、「軽はずみで身勝手な行動が思いがけなく誰かの人生に多大な影響を与えることもある」ということを、まぁ何となくですけど念頭に置きながら作っていった話なんですが、実は、「表面的な情報や先入観で判断・評価すると本当の真実が見極められない(“うわべ”に惑わされることなく事の本質を見出そう)」というのが裏テーマになっています。

…いやいや、たかが“人形遊び”が偉そうに裏テーマも何も無いんですけどw、「表面的な情報や先入観で…本当の真実…」は自分自身のリアルな生活の中でも常日頃痛感していることだったので、なんだろう…気づいたらエピソードやキャラクター設定に取り込んでしまっていたというか。もちろん、作っていく過程でそのことを意識はしていたのですが、結果を見ると、自分が思っていた以上にストーリーのあちこちに入れちゃっているんですよね、これが。ほぼ自覚無しで。例えば、「はるちゃんとお父さん」「女の子とママ」「女の子とサンタのおじいさん」「はるちゃん父の表と裏」等の関係性の中にもチラホラと見え隠れしてるし。

つまり、「こんなテーマでやるぞ~こりゃうけるぞ~」と思って作っていた訳ではなくてw、作ってみたら結果こんなメインテーマっぽくなっちゃってましたみたいな。自分でも不思議なんですけど。あ~確かに、自分自身結構誤解されやすいところもあるからな。その辺の″心の叫び”が物語に反映しちゃってるんでしょうかね。知らず知らずのうちに042.gifだとしたら私ってかなりヤバい…

b0040296_1746431.jpgそして、「はるちゃん…Ⅸ」から登場した「モンキーミュージック」も、そんな要素を含んだキャラのひとつ。ごく当たり前の“見た目”から、女の子やはるちゃん父からは太鼓を叩いたりする程度の芸を仕込まれたいわゆる“お猿さん”と思われていましたが(特に女の子は彼らをかなりバカにして見ていました)、実際は、洋楽・邦楽・フォーク・ロック、なんでもこなすとんでもない実力派で、礼儀正しく律儀、心まで温かかく、しかも、はるちゃんの“再出発”にも深く関わってくるという、今回のストーリーではNO.1の“イケメン振り”を発揮し、ビックリッコの住民たちを驚かせました。

b0040296_20411430.jpgでは、その「モンキーミュージック」に使用した置物について少し解説を。以前にも少し触れましたが、こちらの置物は「はるちゃんの歌」を開始した以降に、偶然ハードオフで見つけたものです。名前もご覧の通り、この置物自体の名前です。1個63円。しかもとても小さい。手の中に隠れるくらい小さい。これね、店の死角みたいな目立たないところに大量にあったんです。まずそこにキュンときちゃって。しかも名前が「きまぐれ音楽部モンキーミュージック」だし。きまぐれって…音楽部って…もう完全に即買いです。で、大量にある中から“高ポイント”なひとつをピックアップして購入しました。高ポイントの理由…それは、顔の無いヤツがいたからです。話にも“顔無し”として登場していますが。いや~出会えてラッキーでした。何せ塗り忘れですから。レアものレアものw

ちなみに、購入時には大量にあった「モンキーミュージック」ですが、その後見に行った時には…何とひとつも無かったんです。まさかの売り切れ。もうそれを見た時には心からホッとしましたよね。買った人、さすがお目が高い!って感じです。

目利きの方々に買われていったんですねぇよかったよかった……ん?…あっ!…今の今までそう思ってたけど、ホントに売り切れ?まさか売れなくて棄……いやいやいや、売り切れたんです。そうでなきゃ私…泣……いや、やはりここは売り切れたということで……よぉー、よよよいよよよいよよよいよい♪ めでてぇな。(また手が勝手に…てか、古すぎ)

…次回は「おもはるスペシャルライブ」の内容を中心に。ではまた006.gif
[PR]
by ura-rumba | 2013-10-22 21:24 | ビックリッコ